教えて!独自でホームページ制作するときに活用したい便利な技

気に入ったデザインの一部は、ブロック化させ整理保存させておく

ホームページに必要なプログラム言語は、小さなブロックを組立てた様な形として成り立っています。小さなブロックは、ある程度、機能の持った大きなブロックへと組立てる事も可能であり、それをコレクション化させておくと便利です。

その要素が必要になった場合は、小さなブロックから組立てる必要性は無く、既に組立てている大きなブロックを利用出来る便利さもあるでしょう。

無料ブログサービスの中には、直接、HTML言語とCSSをカスタマイズできるサービスがあります。直接、それを全てコピーして利用すると著作権に触れてしまう可能性があります。そのため、一部分のみを参考程度に拝借をし、変数名の変更や数字の変更、画像のみを入れ替えながら利用する方法などもあります。

汎用性の高い内容をブロック化させる方法は、ライブラリ化とも呼ばれる場合もあり、今後のホームページ作成に役立ってくれるでしょう。

プロのデザインは、そのまま真似る方法なども参考的

ホームページには、文章のみならず画像も欠かせない存在です。画像のデザイン内容が、プロと素人における区別の差として映る場合もあるでしょう。画像のデザインは、感性的なテクニックを必要とされる様に思われがちですが、それほど難しい内容ではありません。

プロも良く行っている手法の中には、お気に入りのデザインに対して、文章や画像のみを入れ替えているだけの内容などもよくあるのです。デザインとは、無限の可能性がありますが、人が感じる感性には限りがあり、ある程度パターンは決まって来るものなのです。そのため、広告のチラシなどは、どこかで見た事があるデザインと思われる場合もあるのではないでしょうか。

そのままコピーをして、入れ替えるだけでは、デザインを楽しむ事はできません。あくまでも、他者のデザインは、ベースとして利用する中で、自分自身でアレンジしながら画像編集して行く方法もお勧めのテクニックです。